PETクリニック事務長のトホホblog

山梨PET画像診断クリニックの白石です。 ・PETについて・当クリニックの活動について・日々雑感(これが一番多い)気ままに発信しています。 ★ホームページリニューアルに伴い、ブログも引っ越しました★ 過去ログも覗いてみたいという稀有な人は、お問い合わせください。

昨日の朝クルマのエンジンをかけたとき、メーター表示が「99999km」になっているのに気付いてハッとした。そういえば数日前からもうすぐ10万キロだなと認識していたのにスッカリ忘れていたのだ。
FullSizeRender
程なくして「100000km」に到達!
ボクはいつもメモリアルな瞬間を見逃してしまうクチなので、これを目撃できたことは素直に嬉しい。公道に停車したまま朝からしみじみと感慨に浸ってしまった。
 
自家用乗用車の年間走行距離(国土交通省2004年)は平均10,575kmであり、平均車齢(自動車検査登録情報協会2018年)は8.6年というデータがある。ちょっと乱暴な試算だが、10,575km×8.6年=90,945kmが寿命ならぬ車命といえるだろうか。
10万キロということはクルマにとって人間でいうところの平均寿命を過ぎたあたり。ボクのマイカーは老体に鞭打って走っていることがわかる。ありがとう、頑張ってくれて。ご褒美に流行りのドライブレコーダーを取り付けてあげようと思う。
 
これまではオフロードで泥んこ遊びをしたり、時期が来ているのにオイル交換を怠ったり、フロントに張り付いた虫の死骸を放置したり、マイカーをぞんざいに扱うことがしばしばあった。でも今日からは老年期に入ったマイカーをもう少し大事にしたい。最期まで野生を失わない立派なクルマであってほしい。そう願うのである。
 
ボクは65歳頃までに運転免許証を返納しようと考えている。逆算すると持てるクルマは現在のマイカーのほか、もう1台くらいであろうか。クルマに対して特別な拘りは持っていないので、いつも場当たり的にクルマを選んできた。それでも選んだクルマには愛着がわいて比較的長く乗ってきたのだ。
昔と違って今のクルマは普通に10万キロくらいヘッチャラだ。
でも10万キロといえば地球2周半に匹敵する距離。ご苦労さんと言いたい。
 
ところで医療機関で仕事していて知ったことだが、成人1人の血管をすべて繋ぎ合わせると10万キロなるらしい(誰が測ったんだろう)。
これも地球2周半だ。血管にもご苦労さんと言わねばならない。
FullSizeRender

消費税が10%になった。

増税に伴い弊クリニックではPETがん検診の料金を改定させていただいた。心苦しいが各コースとも500円〜5,500円の値上げだ。また医療検査においても診療報酬の基本診療料が上がったので、患者さんのご負担は数十円だが増えることとなる。

スマソ。

IMG_0828

「医療と税制」の関係はとても深くて重い。「医療と消費税」だけに限定しても大変難しい問題なのである。
このことについては多くの議論がある。ボクも思うところは多々あるが、残念ながら「2分で読める!」を標榜している当ブログにはとてもとても書ききれないのだ。
でもちょっとだけ。

医療機関の主な収入源である診療報酬は、社会政策的配慮から消費税が非課税となっている。医療機関では検診などの自由診療を除けば、医業収益の大半は非課税取引なのだ。他の業種にも非課税取引はあるが、それらの商品やサービスは原則として自由価格であり消費税相当額を価格に転嫁することができる。しかし診療報酬は公定価格のため転嫁できないのが特徴だ。
一方で検査や治療に使用する機器・薬剤・医療材料等を仕入れる際には、医療機関は当然ながら消費税を支払う。しかし診療報酬が非課税であるため負担した消費税分を回収できず控除対象外消費税(損税)となってしまう。これは年間を通すと相当な金額になる。これに対し厚生労働省は、診療報酬にはこれら仕入れ時に負担する消費税が上乗せされているという姿勢を崩さない。上乗せ分が十分なのか不十分なのかわからないし、実質的に課税しているなら非課税と呼ぶのはどうかと思う。また今回の改定では食料品や新聞が軽減税率対象となり8%に据え置かれるのに、社会政策的配慮がなされているはずの薬価等に10%が適用されるのは本末転倒といえないか。
腑に落ちないのである。

消費税は本来、最終消費者が負担して事業者が納付するもの。医療の最終消費者は患者さんであるのだが・・・

さて、今日から消費税率は8%から10%へ「2%」上がった。しかし実際の納税額は8%から10%だから1.25倍、つまり「25%」上がったことになる。気付いている人、少ないけれど・・・

日本科学未来館で開催されている『マンモス展 〜その「生命」は蘇るのか〜』に行ってきた。ずっと前から楽しみにしていたのだが、夏休み中は超混んでいるとTwitterで告知があったので、9月まで待っていたのだ(9月でも混んでたけど)。
 IMG_0771
ロシア(サハ共和国)の永久凍土から発掘されたマンモスの他、仔ウマやバイソンなど複数の冷凍標本が展示されている。40,000年前の仔マンモスの個体、ユカギルマンモスの頭部、ケナガマンモスの皮膚、体毛や牙歯が原形のまま残っている。また、血液や尿も採取されたというから驚きだ。

数万年前にマンモスはどんな環境下で、どのように生きて、そしてなぜ絶滅してしまったのか。展示を見進めるにつけ太古の時代に想いを馳せてしまい、ただただ圧倒されるばかりであった。

 IMG_0779
同時に近畿大学の「マンモス復活プロジェクト」チームにおける、現地での発掘調査から最先端の生命科学によるゲノム解析・合成などが紹介されていた。状態のいい標本からマンモス細胞核を取り出してマウス卵に注入したところ、細胞核が動き出し細胞分裂直前まで変化したという報告もあった。しかしながら従来の科学技術だけでは、マンモスをまるごと復活させることはできないと最終的に結論付けているのだ。
ここまで引っ張っておいて、そんなこと誰が信じるものか。ボクは信用しない。もうすでにどこかの研修室でマンモスが誕生していても決して驚かない。そう思わせるマンモス展であった。

小学生の頃、アニメ『はじめ人間ギャートルズ』をよく観ていた。荒野の大地、どこまでも続く地平線、満天の星。独特の世界観が堪らく好きであった。そのなかで主人公たち(ゴンとかドテチンとか)の最大の難敵であり、また最大のご馳走はマンモスであった。彼らが美味しそうにマンモスの肉を食べる姿を見ては、いつかボクも食べてみたいと幼心に妄想していたことを思い出す。その意味でもマンモス復活を切望するのである。

かまやつひろしが唄うエンディング曲が、また情緒的で良かったなー。

このページのトップヘ