PETクリニック事務長のトホホblog

山梨PET画像診断クリニックの白石です。 ・PETについて・当クリニックの活動について・日々雑感(これが一番多い)気ままに発信しています。 ★ホームページリニューアルに伴い、ブログも引っ越しました★ 過去ログも覗いてみたいという稀有な人は、お問い合わせください。

「PETサマーセミナー2022In甲府」は7月末に、3日間の会期を盛会裡に終えることができた。新型コロナ第7波の真っ只中にもかかわらず、延べ約400名以上の参加があったと聞いている。参加者のほか、関連団体、協賛企業、病院スタッフ、会場である甲府記念日ホテル等々、関わったすべての方々に感謝感激雨アラレを送りたい。今のところクラスター発生はおろか参加者のコロナ感染についても報告はなく、なんとか急場を凌げたのかなと安堵しているのである。それとあまり大きな声では言えないのだが、収支についてはずっと赤字の見通しであったが、出費をギリギリまで切り詰めたことと当日の参加申し込みが予想外に重なったおかげで、チョンチョンか、もしかするとほんの僅かではあるが黒字に転じたようである(未確定)。
今回ボクはほとんど表には出ずに、全面的に若いスタッフたちにお任せであった。スタッフたちは自分たちの時間や労力を惜しまず、安全で魅力的なセミナーを演出しようと知恵を絞って頑張ってくれた。実に頼もしい連中である。閉会後は日が経つにつれ全国のPET仲間から労いの言葉が続々と届いている。やってよかった。
たぶん学会を主催する立場になるのは、人生でこれが最後であろう。老兵(ボク)は、若いスタッフたちにとって今回の経験が今後の飛躍への糧となることを願って止まないのである。たいへん僭越ではあるが、素晴らしいサマーセミナーであった。お疲れ様!
FullSizeRender
【スタッフ一同】
 

当院にはFDGの合成装置が2台あるのだが、1台はクリニックの前身である甲府脳神経外科病院PETセンターから移設してきたものだ。今年メーカーの保守が終了することを受けて、惜しみながらも現役引退をさせることと相成ったのである。かれこれ17年以上に亘り大きなトラブルや故障もなく、ただ黙々とFDGを作り続けてくれた合成装置「トレーサーラボ」には心よりご慰労申し上げたいと思う。長いことありがとう! ホントご苦労様でした。
そしてそれに伴い新たに導入した合成装置「ネプティス」が、3ロット試験などの法的手続きを済ませて、本日いよいよお披露目となったのである。今朝は担当技師のプレッシャーたるや相当なモノだったようで、いつもより30分も早く出勤してサイクロトロンを起動させたらしい。ボクが毎朝の日課どおり7時30分過ぎにラボ室を訪れると、技師がマニュアルを片手に、慎重に試薬等をセットアップしている最中であった。ボクはいつもとは異なる張り詰めた空気感に耐え切れなくなり、軽くあいさつしただけで一旦その場を離れて自席に戻った。40分後、缶コーヒーを飲んで気分を上げてから再びラボ室を訪れると、今度は2名の技師と1名の薬剤師が固唾をのんでコンソールをのぞき込んでいたのである。まるで産まれたての仔馬が自力で立ち上がる勇姿を静観する母馬のように、彼らはFDG合成の進捗をじっと見守っているようであった。そこから待つこと約30分、ついに60GBqを超えるFDGが無事に合成されたことが確認できたのである(あたりまえだ)。品質検定も難なく通過して、期待のホープ(古い)であるネプティス産の初FDGは9時30分頃に看護師の待つ処置室へ払い出されていったのである。
ネプティスの期待のホープたる所以は、従来機よりも合成時間が短縮されたことと、何より1回あたりの合成コストが約20,000円も軽減したことである(当社比)。何から何まで値上がりの昨今において、この経費削減は大きいし嬉しい。浮いたお金で今夜は発泡酒ではなくビールを飲もうかなと思ってしまうほどだ。いやいやそれでもやっぱりボクは今宵も発泡酒を飲まざるを得ないのである(自分のお金じゃないし)。トホホ。
 IMG_2380
【期待のホープ・ネプティス】
IMG_2378
【操作する技師たち】

『PETサマーセミナー2022in甲府』のアーリー(早期)登録がすでに始まっている。
まだお済でない方は、早目の参加登録をお勧めしたい。6月中のお手続きが大変お得なのである。
サマーセミナーは伝統的にラフな学会で、真夏に開催されることもあってほとんどの参加者は半袖短パンなどの軽装で来場される。うっかりスーツにネクタイなど着用してしまうと、浮きに浮きまくって居場所を失い秒で逃げ出したくなるはずだ。ドレスコードがゆるい、というか無いのである。そして誰もがリラックスした雰囲気のなか車座になって飲んで語り合うのが恒例であるが、今回は昨今の社会情勢を鑑みて断腸の思いで懇親会を中止とさせていただいた。スマソ。山梨には美味しいワインや日本酒がたくさんあるので楽しみにされていた方も多いと思う。大変心苦しいのだが、飲みたい方は個々にご調達いただかねばならないのだ(それでもどうしてもという方には相談に応じる用意はある)。ともかく、この夏は甲府へウェルカムである。

参加登録はホームページから↓↓↓

PETサマーセミナー2022 in 甲府 (pet-summer-seminar.jp) 

 FullSizeRender
【PETサマーセミナー2022in甲府】

このページのトップヘ